1.採石
陶石を掘り出し、水洗いします。
泉山陶石 400年前、朝鮮陶工であった李参平が、有田で発見後、磁器が焼かれるようになりました。今では熊本県の天草陶石を主に使用しています。

2.粉砕
クラッシャーなどで陶石を粉砕し土を作り、不純物を除去します。

3.土絞り
余分な水分を取り、適当な固さにします。

4.土練り
成形しやすいように粘土を丹念に練ります。土練りには荒練りと菊練りとがあります。 荒練りで粘土に含まれる水分を均一化して成形しやすい固さの粘土にし、菊練りで粘土内の気泡を完全になくします。
5.成形
成形方法には手びねり・ろくろ・たたら・鋳込み(いこみ)などがあります。伊万里焼はろくろ成形が基本です。
6.削り仕上げ
成形品が生乾きの段階で、高台の削り出し、素地の裏に窯や作者のサインの裏印を刻印で入れます。また、素地の外側を削り、口縁をつくるなど形を整える作業も同時に行い、最終的な製品の形にします。
9.素焼
器物や窯道具の損傷を防ぐため、窯内の温度は徐々に上げ約800℃で焼成します。この時に急激な冷却をしないように気をつけます。
10.下絵付
素焼きした物を検品して、酸化コバルトを主成分とする呉須で下絵を描きます。吸収性のある素焼きの表面に直接筆で描くため熟練を要します。下絵付は高温焼成に耐えて発色する顔料を使用します。
11.釉掛け
釉薬を掛けます。釉薬は陶磁器表面を覆う薄いガラス質で、酸やアルカリから焼き物を守り、透水性がなくなるので、水漏れや油じみを防ぎます。また、焼き物の強度を増すなどの実用面だけでなく、色や光沢などの装飾効果もあります。
12.本焼き
焼成は磁化させることにより、白磁の美しさを表現するもので、焙り焚き、攻め焚き、揚げ火などの工程を経て、約1300℃まで温度を上げます。焼成時間は約16時間。
13.上絵付
本焼成後に赤・黄・緑・金・銀色など鮮やかな絵具を使用して、絵や文様を描きます。
14.赤絵窯焼成
上絵付の顔料は高温で焼くと、ほとんど色がとんでなくなってしまうので、800℃〜900℃の低温で焼き付けます。上絵付まで施して完成したものが、染錦・赤絵と呼ばれるものです。
15.検品・出荷
完成した器を丹念に調べます。もちろん不良品には細心の注意をはらい検品した後、各お店に出荷されます。